ハッカー集団アノニマスがジャーナリストに

 ハッカー集団アノニマスが、調査報道を行うサイト「アノニマス・アナリティクス(ANONYMOUS ANALYTICS)」をスタートさせた。タレこまれた機密文書を専門家らが分析し事実確認してから発表するという形式をとる。

 告発サイト「ウィキリークス」は、タレこまれた機密文書をそのまま流す方式を取っているが、アノニマスが大きく異なる点は、ダイレクトにではなく、徹底した調査と取材を経て公開されるというところ。

 アノニマスには、会計士、弁護士、統計学者ら各分野の専門家を抱えているといい、それらの人材の調査と取材によって吟味した上で、文書が公開されるという。

 この試みは既存のメディアも衝撃を受けており、米TIME誌は「Hackers Turn Journalist: Anonymous Analytics」との特集を組んでいる。また、英フィナンシャルタイムズも、インタビューを掲載している。

 現在は、香港市場に上場する企業「チャオダ・モダン・アグリカルチャーズ」の経営に関するレポートを発表しているのみ。今後も様々な分野の調査レポートが順次アップされていくことになるだろう。


アノニマス・アナリティクス

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる