埼玉県川口市と鳩ヶ谷市が合併

 埼玉県川口市が11日、鳩ヶ谷市を編入合併した。これで日本で2番目に小さい市が消えることになった。

 平成19年から 鳩ヶ谷市で「鳩ヶ谷市合併推進市民の会」が発足。両市が度も協議を重ねて、今年9月には両市議会で「合併協議会廃止議案」が承認された。

 鳩ヶ谷は埼玉県の南端で、川口市に周囲を囲まれている。人口は約6万人で、埼玉高速鉄道の開通から、市街地化が著しい。ただ、財政不安も大きく、単独での存続よりも周囲の市とも合併を模索していた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる