ソニーのPSNにまた不正アクセス

 ソニーは12日、プレイステーションネットワーク(PSN)などで、第三者の“なりすまし”による9万3000アカウント分の不正アクセスが判明した、と発表した。

 米国太平洋夏時間10月7日~10日にかけて、同社のPSNなどのサービスで、9万3000人分のアカウントが使われてアクセスされていたという。クレジットカード情報の漏えいはないという。ソニーは現在、詳細を調べているという。

 ソニーは今年春にも、約1億人分のアカウント情報が流出していた。


ソニー本社

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる