BMWで運転免許試験に落ちる16歳大富豪子弟

 シリコンバレーの大富豪の子供たちが16歳になって、ぶつかるのが運転免許取得という壁。車社会の米国では簡単に取得できるように作られた制度ではあるが、大富豪の子供達にとって試練となるのはなぜだろうか。

一度目の挑戦は必ず落ちる?


(写真はイメージ)
 大富豪の子息が一回目の運転免許実技試験で合格した話をなかなか聞かない。新品ピカピカの高級車で試験に臨む顔にはニキビいっぱいの受験者を、公務員である試験官はどうとらえているのか 。

 生意気な若僧に少しは苦労を経験させてやろうという大人の思いやりからなのか。なかなか一回目の挑戦では通らない。一方、見るからに移民とわかる中古車で受験する初老の女性がすんなりと一回で合格することがよくある。試験官の心情が影響しているのだろうか。

 運転免許取得の第一歩はまずペーパーテスト。難易度は常識の範囲内で、まず合格できるように作られている。これに合格すれば州から課せられた6時間の実技を監督官と行い、その後50時間の自主練習を経て、実技試験に挑む。

 問題はここからだ。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる