サイバーAが「レッドカード2回」で退職もある人事制度制定

 サイバーエージェントが、人事評価で2度のD評価(下位5%)が出た場合に、部署異動もしくは退職勧奨を行う人事制度「ミスマッチ制度」を導入することが13日わかった。

 ミスマッチ制度は藤田社長が自身のブログで明らかにしたところによると、下位5%をD評価として、1回目でイエローカード、2回目でレッドカード。部署異動もしくは退職勧奨のいずれかが行われるのだという。

 評価は、上司、人事、役員の責任で行い「嫌われたくないや傷つけたくないといった理由でD評価を全くつけられない上司は、何度か続くとその人がD評価となります」と、なれ合いを許さない厳しいものとなっている。

 藤田氏は「ミスマッチ制度は厳しいようですが、この会社で成長や昇進の見込みのないことを率直に伝えることのほうがよほど誠実だと思います」としている。さらに「誰にでもみんなに優しい会社は、いずれみんなを路頭に迷わせてしまうだけです」と、説明している。

 また、退職金制度もスタートするという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる