大王製紙の創業家巨額借金問題は進展せず刑事告発も

 大王製紙の創業家出身の井川意高・前会長(47)がグループ会社から80億円以上を借りていた問題で、特別調査委員会の調べに対して、説明を拒否していることが朝日新聞の報道でわかった。特別背任の疑いで刑事告発する可能性も出てきた。

 井川前会長はグループ会社数社から約84億円を借り、一部は返済したものの、現在でも約55億円の返済をしていないことが明らかになっている。さらに、これまでには海外のカジノでの豪遊や、カジノへの多額の投資などを週刊誌にも報じられているが用途ははっきりとしない。

 上場企業の金庫が創業家のサイフになるという異例の事態も、特別調査委の調査が進展しなければ、刑事事件として告発する以外に方法がなさそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる