横浜市がストロンチウム検出を発表

 横浜市は14日夜、港北区大倉山の道路わきの側溝から、1キログラム当たり129ベクレルの放射性ストロンチウムを検出したと発表した。

  ストロンチウムの存在が確認されたことを受けて、横浜市災害対策本部放射線対策部は、国に情報提供や、調査範囲の拡大などを要請していくという。

 また、新横浜の側溝からも、59グラムのストロンチウムが検出された。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる