日経平均株価は66円高で寄り付き

 19日の東京株式市場は反発し、日経平均株価は前日比66.34円高の8808.25円で寄り付いた。

 米国株高を好感して買い先行で始まっている。また、社長解任から大きな内紛が明らかになったオリンパスは、前日比60円安の1357円で寄り付いた。プロ野球横浜ベイスターズの買収が大筋で合意とも報道されているDeNAは105円安の3300円だった。

 東京外国為替市場のドル/円相場は、1ドル=76円台後半で推移している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる