フェラーリ王子の会社が所得隠し

 フェラーリを多数所有するため「フェラーリ王子」と呼ばれ、タレント上原さくらさん(34)の夫、青山光司さん(39)の建設関連会社「KRH」(本社・岐阜県)が、名古屋国税局から、10年5月期までの3年間で計約1億7000万円の所得隠しを指摘されていたことが19日、読売新聞の報道でわかった。

 KRHは、重加算税など約3000万円はすでに修正申告したという。

 報道によると、同社は青山社長が個人で使用する高級車数台を会社の経費で購入し、オークションなどで売却時に、その差額を損失として計上。こうした一連の売り買いを名古屋国税局は所得隠しに当たると判断したとみられる。

 KRHは、87年に創立。建設現場の足場をリースしている。またモータースポーツ事業も行っており、事業以外でもフェラーリなど多くの高級車を保有している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる