JA熊本が「コメ袋で産地偽装?」に抗議

JAグループ熊本は、福島県のコメ農家が熊本の「JAあまくさ」の袋を使用している画像を、まとめサイトが産地偽装ではないかと取り上げた件で「悪意的ネット配信で大変遺憾」だとして抗議するという。

 まとめサイトの画像は、19日フジTV系「とくダネ!」で放送されたもので、内容は福島県のコメ農家が米を廃棄するシーン。その際に「JAあまくさ」の袋に詰めており、これを産地偽装ではないか、などとされて広まっていた。

 JAグループ熊本は「言われなき中傷へのJAグループ熊本からお知らせ」と題してコメントを発表。それによると、番組に登場した生産者は、米の廃棄を目的に袋詰めしたもので一般の消費者に販売するものではないという。

 また、なぜ使用されているかという質問が多く寄せられているそうだが、JA熊本は「熊本県産米を全国に向けて販売しており、販売先で仮に使用済みの紙袋を使用する場合は、農産物検査証明の表示を除去、または末消することとなっています」としている。

 それに違反した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されるのだという。

 実際の映像を見ると、紙袋には「×印」が付いているが「販売先に対し使用済み紙袋に×印を付けるよう指導しています」という理由からだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる