スティーブ・ジョブズ氏死亡前日まで仕事

 米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった10月6日の前日(5日)まで、次回作品のための仕事をしていたことがわかった。

 米サイトPCMACによると、ジョブズ死亡の発表が日本時間の6日だが、その前日5日に、米クパチーノ本社に日本からソフトバンク孫正義社長が訪問し、ティム・クック最高経営責任者(CEO)と会議をするはずだったという。

 しかし、孫氏は到着するやいなや、クック氏から「きょうのミーティングはなしにしてほしい」と告げられたそうだ。「どこへ行くんだ」と聞くと、クック氏は「ボスが、すぐに次回作のミーティングをする、と言っている」と答えたのだという。

 10月5日、iPhone4S発表。しかし、ジョブズ氏にとっては自身の死期が間もなくというところまで迫っていることを悟っていたのだろうか。最期にやらなければならないことがあったのだろう。次回作は何なのか、今から注目される。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる