世界の女性富豪のうち3分の2は中国人

 胡潤(フージワーフ)研究院はこのほど、「初代起業家・女性富豪ランキング」を発表した。全世界の女性富豪のうち、初代起業家をランキング付したもので、資産総額10億ドル以上の起業家女性28人のうち、18人が中国人で全体の約3分の2を占めることが分かった(昨年は20位中、半分が中国出身者)。


呉亜軍氏(百度百科より)
 さらに今年のランキングでは上位7人までのうち、スペインのファッションブランド「ZARA」の経営者Rosalia Meraさん以外、全員が中国人。中国人女性が存在感を見せつける結果となった。

 女性富豪ランキング1位は、不動産業・龍湖地産の創業者、呉亜軍(ご あぐん)氏(47歳)で、家族名義の財産は、総額で420億元(約5051億円)に上る。2位は不動産業・香港富華国際集団公司の陳麗華(ちん れいか)氏(70歳)で資産総額は330億元(約3968億円)だった。3位はスペインファッションブランド「ZARA」経営者Rosalia Meraさん(67歳)で、資産総額は290億元(約3488億円)だった。

 ランキングをみると、1、2位の呉氏や陳氏をはじめとして、中国人女性18人中8人が不動産業だった。他の国の女性たちが、ファッションブランドの創業者や、テレビ司会者、作家などの職業だったが、中国人女性の不動産従事者が際立って多かった。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる