「景気は年内に底打ち」バーナンキ氏議会証言

 ベン・バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が3日、下院予算委員会で経済の見通しなどに関して証言を行い、エコノミストや金融関係者が注目する中で「今年後半にも景気は底を打ち、経済が成長を始めると見ている」と楽観的な発言が出た。

 バーナンキ氏は、要因は住宅市場や個人消費の安定で、財政政策の効果が現れ始めたと見ている。ただし、財政の長期的な安定化を実現しなければ、持続性のある経済成長は難しいとの考えも示した。


ベン・バーナンキFRB議長

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる