バフェット氏の凄すぎるSPの年収3000万円台

 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(81)といつも帯同する男がいる。しかも16年間も。このたび、パーソナルセキュリティサービス会社社長のダン・クラーク氏が地元メディアのインタビューに応じた。

 今まで多くを語ることがなかったダン・クラーク氏が地元メディア「オマハドットコム」の取材に応じ、出会いからこれまでのことを語っている。

 2人が契約したのは2005年から。クラーク氏は04年までは地元の警察官で、犯罪多発地区を担当していたそうだ。

 04年、地元で銀行強盗が起きている際に、飲食店でたまたま出会ったバフェット氏の娘スージーさんに、事件のことを聞かれたものの、担当ではなかったために答えられなかったという。そして、退職し、自ら警備会社を起こすにあたって、当時のことをおわびするために連絡を取ったのだそうだ。

 ここからバフェット家との縁が生まれ、05年に契約に至ったそうだ。ギャングや凶悪犯と渡り合った屈強な警官だったクラーク氏でさえも1年目は「わたしは食事休憩も取らず、ポケットのプロテインバーを時々食べるだけ。座ることもなくずっといっしょで、本当に疲れていた」と、たいへんだったことを振り返っていた。

 また、株主、ファンらとの握手は優先したいバフェット氏は、オープンさにこだわっており、瞬時に安全かどうかを見極める必要があり、気が休まる時間はないだろう。

 しかし、もう17年目。バフェット氏は「彼のすることは何でも素晴らしい」と答えている。

 バフェット氏は年間の警備報酬としてクラークさんの会社に、3000万円以上支払っているそうだ。しかも、年々増額しているのだという。ちなみに、米国の一流企業での相場が2000万円台くらいだという。いかに信頼が厚いかがわかる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる