小4で高2の知能指数だったジョブズ氏

 「小4で高2の知能指数」「出家を決意」。あす10月25日に世界同時発売のジョブズ氏の伝記「スティーブ・ジョブズ」では、米アップル創業者スティーブ・ジョブズ氏のエピソードが多数掲載されている。

 週刊現代によると、4年生のころに、小学校教諭が知能検査を受けさせたところ、高校2年生レベルだったおいうのだ。勧めもあって2年飛び級したが、周囲になじむことができずに、つらい経験だったようだ。

 また、禅に傾倒していたことはよく知られているものの、実際に福井県の永平寺に出家することまで真剣に考えたという。ただ、禅の師匠にストップされたそうだ。

 他にも、自身の終生の「制服」となった黒のタートルネックのセーターを着用するにいたった経緯など、興味深いエピソードが多数掲載されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる