吉本興業と島田紳助氏が講談社を提訴

 長谷川公彦氏(芸名・島田紳助)と吉本興業は24日、週刊現代の記事で名誉を傷つけられたとして、講談社を相手に、計1億6500万円の損害賠償と謝罪広告を求める訴えを東京地裁に起こした。

 吉本の発表によると、週刊現代10月15日号で、長谷川さんが暴力団の構成員と知りながら吉本興業は契約をしていたなどという記事について、吉本、長谷川さん両者は「事実が存在しない」などとしている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる