東電株が300円台回復

 25日の東京株式市場で、東京電力株が35円高の319円まで買われる場面があり、9月末以来の300円台回復となった。

 空売りの買い戻しによって、200円近辺で買い戻しが入り、値動きが軽いこともあり短期資金が集まっている。

 東電は、枝野経産相から10年間で約2兆5000億円のコスト削減について、西澤俊夫社長に強く要請されるなどしている。また、同社は一部報道であった「東電、ウラン権益売却へ」という報道について、「全てを売却する予定はない」としている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる