米アマゾンが73%減益

 米Eコマース最大手、アマゾンが25日発表した第3四半期(7~9月)決算は、純利益は前年同期比73%減の6300万ドル(約48億円)と大幅減益となった。1株あたりでは14セントだった。

 このたび発表した新型タブレット端末キンドル・ファイアで、市場のシェア拡大を最優先したがために、価格を199ドルと、アップルの競合機などと比較して半額以下の安価に設定し、一時的に大きな犠牲を払っていることになる。また、同機種は、調査会社の調査結果では、売れば売るほど損失を被ることになっている。

 同社株は、時間外取引で大きく売られている。


ジェフ・ベゾスCEO

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる