東京電力12年3月期決算5800億円純損失へ

 東京電力の12年3月期の決算(単体)は、純損失が5800億円に上る見通しであることが朝日新聞の報道で27日わかった。福島第一原発事故の処理費用、火力発電の燃料費などが圧迫する形に。

 見通しは、売上高は前期比600億円以上減の5兆800億円。営業費用が火力発電所の燃料費などで6200億円増加し、営業損益は前期の3567億円の黒字から3300億円の赤字に転落すると見込んでいる。さらに、ここに事故処理費用が加わるために、純損失が5800億円になる見通しだという。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる