日経平均9000円台回復、IPOは買い気配値付かず

 28日の東京株式市場は大幅続伸し、日経平均株価は前日比123.90円高の9050.47円で取引を終えた。約2カ月ぶりに9000円台を回復した。

 銀行株を中心に幅広く買われ、東証1部の売買代金は約1兆5000億円と久々に活況だった。東京電力、オリンパスはともに下げている。

 またマザーズ市場に新規上場したイーブックイニシアティブジャパンは、需給の関係もあり、1748縁買い気配で値付かずのまま上場初日を終えた。

 大証では2部の、ハナテンが同30円高の161円で取引を終えている。業績予想を増額し、4期ぶりの復配で、年5円とすることも発表されたことが好感されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる