中国富豪の最高の贅沢は、一般の人が当たり前に思うアレ

豪邸、車、メイド、競走馬などはもう古い

 今や、中国人富豪は贅沢商品の消費者として、世界中の高級ブランドの新たなターゲットになっている。高級品市場の消費総額は世界の4分の1を占める。では、最高のぜいたく品とは何なのか?

 北京で不動産業に携わる李夫人は、自分の家の中には約12万元(144万円)するAV機器があるが、決して贅沢ではないという。というのも、同じように不動産業に従事する友人は世界で最も大きなジープを買ったそうだ。値段は100万元(約1200万円)。中でパーティーも開催できるという。また、別の競馬好きな友達は、自分で馬を6、7頭所有しているそうだ。

 さらに、また別の不動産業仲間は、5000万元(約6億円)で北京郊外に豪邸を買ったそうだ。自分が週末にくつろぐ部屋以外にも10数部屋あり、28人のお手伝いさんがいる。毎月、電気代だけで5万元(約60万円)を消費しているというのだ。

 ところが今、こうした非日常的な贅沢品とは違った、新しい贅沢品を追い求める動きが出てきているのだ。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる