グルーポン公募価格UPでビリオネア誕生か

 クーポン共同購入サイト最大手グルーポンは4日(米時間)に実施する新規株式公開(IPO)の公募価格を、16~18ドルのレンジを上回る20ドルに設定し直した、とNYタイムズが伝えた。これで、創業者CEOのアンドリュー・メイソン氏が、ビリオネア(10億ドル長者)に届く可能性が出てきた。

 グルーポンは、売り出し株数がわずか5%程度のために需給関係で圧倒的に需要が大きくなることが見込まれており、当初の価格レンジの1株16~18ドルから引き上げることになったのだろう。

 これまでに米証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、売り出しは3000万株、1株16~18ドルだった。

 創業者CEOのアンドリュー・メイソン氏は自身で4700万株を保有。当初の条件では7億5000万ドル~8億4000万ドルになる見込み。これでは、ビリオネアに届かないが、20ドルなら9億4000万ドルに。上場初値が22ドルになれば、手が届くことになる。


アンドリュー・メイソン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる