テニス錦織選手が日本史上初の世界1位撃破

 男子プロテニスのスイス室内の準決勝戦が5日行われ、錦織圭選手(21)=世界ランク32位=が、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手(24)に勝利する大金星をあげた。日本のテニス選手が世界1位に勝ったのは史上初。

 第1セットこそ、2-6と落としたものの、7-6、6-0と逆転勝ちした。錦織選手は1回戦では世界7位のベルディハ選手を破っているためにフロックではない。

 この日のジョコビッチ選手は、右肩の故障で本調子ではなかったものの、錦織選手が第3セットはエースの連発で試合をモノにした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる