伊ベルルスコーニ首相が辞任を否定

 イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相が7日、自身の公式フェースブック上で辞任の噂を「事実無根です」と否定した。

 ベルルスコーニ首相を巡っては、連立与党政権の内部から責任論を問う声も出ており、過半数確保が危うい状況に。また、国民からも同様の声があがっている。イタリアに財政破たん危機が波及し、借り入れコストが高くなっている状況にある。

 イタリア国債の10年物の利回りは6.6%を超え、ユーロ導入後の最高水準を更新している。


ベルルスコーニ首相 (フェースブックより)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる