オリンパスがついに白状した

 オリンパスは8日、「過去の損失計上先送りに関するお知らせ」として、ジャイラス社買収などの買収関連資金は、1990年代ころから有価証券投資などの損失計上の先送りを行っていたと発表した。

 同社が立ち上げた第三者委員会の調査の過程で明らかになったもの。ジャイラス社の買収に際して、アドバイザーに払った常識を超えた高額報酬、優先株の買戻し資金、国内新事業3社の買収資金は、複数のファンドを通すなどの方法で、損失計上先送りによる投資有価証券等の含み損を解消するためなどに利用されていたという。

 オリンパスは、「当社といたしましては、今後、第三者委員会(委員長:甲斐中辰夫 弁護士)への徹底した情報提供等を通じて、真相の究明を尽くすべく、最善の努力を尽くす所存です」としている。

 しかし、第三者委員会など通さなくても、自分たちの行いを知らないはずがなく、最初から正直に言えばいいものを…。

 この日、オリンパスは東京株式市場で、959円の売り気配となっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる