安愚楽牧場が破産へ

 東京地裁は8日、和牛オーナー商法の「安愚楽牧場」(本社・栃木県)が、民事再生手続き廃止を決定した。今後は破産手続きに移行する。

 管財人の渡辺顕弁護士は、「繁殖牛はミンチ用にしか売れない事情もあり、あまり多くの収入を期待できないと言わざるを得ない状況にある」としており、再生計画実行を極めて困難だと判断した。

 11月4日に東京地裁から出た管理命令に基づいて、管財人は財産状況を調査していた。しかし、飼料代だけで月額総額20億円が必要であることが分かり、一刻も早く和牛を売却しなければ、資金ショートを起こし、大量の牛が餓死するという最悪の状況も想定されていた。

 「再生計画案の立案は極めて困難で、手続きを続行することは断念せざるをえないと判断した」と渡辺弁護士。また、民事再生手続きは、再生計画案を提出して債権者の多数の同意が必要。ただ、この件は7万人の債権者がおり、破産手続きで進めていく方が得策だと判断したようだ。


安愚楽牧場の債権者説明会(東京)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる