オリンパスが決算発表できず、監理銘柄に

 オリンパスは10日、第2四半期決算報告を金融商品取引法に定める期限である14日までに提出できないと発表した。東京証券取引所は同日、監理銘柄に指定した。

 同社は、第三者委員会が損失隠しの実態を調査しており、上場廃止期限である12月14日までの報告書提出を目指すという。

 この日の東京株式市場のオリンパス株は、3日連続のストップ安となる484円売り気配で取引を終えている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる