巨人清武代表がドン渡辺氏に謀反

 プロ野球巨人軍の清武英利球団代表が11日、文部科学省で会見し、渡辺恒雄・読売新聞グループ会長・主筆で巨人軍会長に対して「(球団を)私物化する行為は許せない」と批判した。ヘッドコーチ人事を巡るもので、是正を求めるという。しかし、球団始まって以来のドン渡辺氏批判、内乱はいま口火を切った。

 きっかけとしては、1軍ヘッドコーチに岡崎郁氏で了承され決まっていたものの、渡辺会長が人事を覆してOB江川卓氏にするとしたことに端を発する。現在、コーチ人事の契約時期であるが、こうした経緯でできなくなっているといい、現場が混乱しているという。

 清武氏は渡辺氏に、この人事の件に関して報告書を見せながら説明し「わかった」という答えが返ってきたという。

 清武氏は「ツルの一声で覆したことになる。GM制度をないがしろにする行為。ファンをも裏切る暴挙。球団経営の原則、ルールにかかわることで、それが守られないのでは、球界で生きる選手、コーチ、監督の基本的人権をないがしろにしたと言われかねない」と、断罪した。

 渡辺氏を「大きな力」と称して、清武氏は「覚悟を持ってきた。わたしの決断」として会見に臨んだ。記者会見に臨む直前にも、渡辺氏と電話で話をしたともいう。「(球団を)私物化する行為は許せない。プロ野球ファンに寄り添う球団でありたい」とも語った。

 法的な対応としては「先生に相談しながら対応を見てということになる」とした。

 日本のプロ野球の象徴でもある巨人軍始まって以来の「現場の乱」。今後、大きな禍根を残すことになりそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる