税制面でも有利な移動式別荘「トレーラーハウス」

富裕層の新しいアウトドアライフ


沖縄にある「バニアン リゾート」
 いつでも手軽に移動できるセカンドハウス、いつでも移動できるオフィス。それを適えてくれるのが、アウトドアの本場アメリカで生まれたトレーラーハウスだ。日本ではまだそのライフスタイルと、ビジネススタイルは聞きなれず新鮮でもある。
 
 元々はアメリカの西部開拓時代に富裕層が幌馬車を改造したのが起源とされ、今ではトレーラーの荷台部分に豪華な内装を施して、旅などのレジャーや、セカンドハウス、あるいは店舗などのビジネスにも広く利用されるようになった。
 
 日本でも2006年、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)にオープンした、「Banian Resort」(バニアンリゾート)がある。高級トレーラーハウスを宿泊施設とした「アウトドアリゾート施設」だ。今まで日本にはなかったアメリカンスタイルの新たな楽しみ方ということで話題を集めている。

広々とした空間と豪華な内装


◆グランドジャンクション (¥11,000,000、全長約12メートル、重量約7トン)
 最高級車種とされる「グランドジャンクション」(全長約12メートル、高さ約4メートル、幅約3メートル、重量7トン、価格1100万円)を初めて見た人は、まず内装の豪華さに驚くという。車内ということをまったく感じさせず、まさに別荘というにふさわしい空間だ。1ベッドルーム、1LDKの間取りで、シャワールーム、キッチン、トイレまで完備。これならば長旅も問題なく快適に過ごすことができそうだ。
 
 また移動の際に必要となる牽引車は国産自動車メーカーなどでも生産されており、別売りで約500万円から購入できる。その際に必要なけん引の免許取得も2週間ほどで可能だ。公道で牽引する場合は、国交省陸運局でトレーラーハウスの仮ナンバー申請と、道交法の確認が必要となる。

税制面で有利?


ビジネスでの利用も注目されている
 上記に述べたように、豪華な内装と空間を保持しているトレーラーハウスは、基本的に自動車であるため、審査が厳しくなった建築確認の申請は不要。また、エンジンを持たないため、車両税の対象にもならない事から、事務所・店舗を構える上で、建築・税制上非常に有利となる。減価償却は4年間の償却期間が認められている。アウトドアに、ビジネスに、そして節税に。使い道は生活のあらゆるシーンに至る。あなたならではの使い方を見つけてみてはどうか?
 
 ※ただし、建築申請・課税対象については、各自治体により異なる為、確認が必要。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる