オリンパス、大王製紙に買いが殺到

 14日の東京株式市場で、オリンパス株が前日比80円高の540円ストップ高で取引を終えた。11営業日ぶりの反発となった。

 監理ポストに入れられているものの、刑事事件化せずに課徴金を課すことで上場を維持するのではないか、との報道もあり、下げすぎという判断もあり、短期資金を中心に買いが殺到した。

 大王製紙も同70円高の503円で取引を終えている。一時は東証1部の上昇率トップにも立った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる