【きょうの名言】ツイッターは何を話せばいいんですか

 ツイッターでどんなことをつぶやけば良いのか。趣味的なものから、仕事に関係あることまで人それぞれ、内容も様々だ。悪事を武勇伝風につぶやくのは論外だが、何気ないつぶやきまでもが祭りになって命取りになることさえある。

 @ruinee_さんのツイートはそんな悩みを現している。
 
 「twitterは発言の権利を持てる場なのに、自分について語ればナルシストだと謗られ、他人について語れば傲慢だと嫌われ、政治や科学について語ればにわかだと嘲られ、哲学について語れば否定され、恋愛について語れば疎まれたら結局何について話せばいいんですか!天気ですか!今日は寒いですね!」

 もしも、お天気の話ばかりになると、当たり障りなさ過ぎて、ツイッターというツール、ひいてはソーシャルメディア全般が無意味なものになり果ててしまう。

 ツイートが法律に違反するものであったり、人を傷つけるようなものでなければ、ある種の大らかさは必要なのかもしれない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる