F1マクラーレン・ホンダ復活の可能性も

 英国の名門F1チーム、マクラーレンが2012年のシーズン終了後に、日本のホンダとエンジンの提携をする可能性もある、とドイツの専門誌が18日報道した。

 独誌アウトモーター・ウント・スポルトが、複数の関係者の証言として紹介しているもので、マクラーレンが現在提携中のメルセデスとの提携が2012年で終了し、その後は契約を継続しない予定であることがわかったという。

 そのために、マクラーレンは新たなエンジンの供給元を探しているという。

 ホンダは、1988年から1992年までマクラーレンにエンジンを供給。アイルトン・セナ、アラン・プロストの両ドライバーを擁して「セナ・プロ」と呼ばれた黄金時代を築き上げた。


マクラーレン・ホンダの全盛時代を担った左から アイルトン・セナ、アラン・プロストの2氏(88年仏GP)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる