ティッシュ王子の7億円豪邸が仮差し押さえ

 大王製紙の創業家出身の井川意高・前会長(47)による100億円以上を借入れた問題で、
東京・広尾の5~7億円ともいわれる大豪邸が仮差し押さえになっていたことが21日わかった。すでに返済能力はなく、会社のお金の約半分が返済不能とされ、東京地検特捜部が本格捜査に乗り出す方針を固め、事件は重大局面を迎えている。

知人の債権者から差押えに


井川邸(東京・広尾)
 東京都内屈指の高級住宅街である広尾。薩摩・島津家の土地だった由緒正しきこの場所に、敷地面積約440平方メートル、延べ床面積約800平方メートルの井川意高氏の大豪邸が立つ。不動産業者に言わせれば、5億円は下ることはなく、6、7億円といったところだという。

 井川氏の父母をはじめ、井川氏の子どもたちが暮らしていると言われるが、井川氏は今年7月、自身の所有分だけを長男に生前贈与を行っている。今回の巨額借入れ問題が世間に知られる前に、権利を移転させた形だ。ただ、長男の所有権にも差押えが掛かっている。

 11月4日に差押えがなされている。事情を知る関係者によると、この債権者は井川氏とも交友が深いとされる投資会社の経営者。その投資会社はソニーの元会長の出井伸之氏も役員に名前を連ねているが、今回の件とは無関係だという。

 最近は「井川氏の周辺からは返済の見通しが立たない、と判断されている」(前出の関係者)というのだ。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる