「もんじゅ」試験再開を見直し

 政府の行政刷新会議(議長:野田佳彦首相)が20日、東京都内で行われ、原子力行政が大きなテーマに挙げられ、高速増殖炉「もんじゅ」は、仕分け人7人が満場一致で見直しをするよう求めた。

 これまで40年、累計で1兆円以上の金額が費やされ、2050年までに営業運転を目指すもんじゅ。しかしながら、営業運転の見通しがまったく立っていない現状を踏まえて、試験再開を抜本的に見直すという意見となった。

 また、「電源立地地域対策交付金」も議論に上り、使用用途を災害対策などを含めて検討し直す必要があるとされた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる