オリンパス株が上場維持睨み一時ストップ高

 21日の東京株式市場で、オリンパス株は一時725円ストップ高となる場面があった。前週末比79円高の704円で午前の取引を終えている。

 海外投資家団体が東証に、オリンパス株の上場維持を要望したということが伝わり、材料となった模様だ。短期筋の資金の流入は続いている。

 創業家の前会長を告発すると報じられている大王製紙は、経営には好材料とみられたのか、同12円高の509円となっている。

 日経平均株価は前週末比9.87円安の8365.04円だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる