グリーがDeNAを「妨害続行」として提訴

 グリーとKDDIは21日、DeNAが公正取引委員会による独禁法に基づく排除命令に対して妨害を続けていると思われるなどとして、同社相手取り、不法行為に基づく損害賠償として10億5000万円を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 今年6月、公正取引委員会が、DeNAがゲーム提供事業者に対して、グリーでの提供を妨害しているとして、独禁法に基づく排除命令を出した。

 グリーは、その後も妨害行為が続いていると思われる上に、法的措置を講じないことは株主に対する責任遂行という点で問題があるなどとして提訴にいたったという。

 請求額はグリー9億円、KDDI1億5000万円としている。

 グリーは一昨年には、釣りゲームが酷似しているとして、DeNAを相手どり著作権法違反などで損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる