福島第一、第二の近くに活断層があった

 東京電力は21日、福島第一原発の約50キロ、第二から約40キロ南にある断層「湯ノ岳断層」について、後期更新世(12万年前)以降に活動した痕跡が見つかり、活断層だと発表した。

 同社によると、4月11日のこの断層付近で発生した余震の際に、断層が動いている形跡があったという。そのため、調査を行ったところ、後期更新世以降に動いた跡が発見されたという。

 これまでは、原発から距離が離れているとして、ボーリング調査を行っていない。原発の設計上は問題ないとされてきた。今回、活動の有無を把握するために、詳しく調査しているという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる