エビータの隣のお墓が1900万円で売りに

 アルゼンチンのペロン大統領のファーストレディーとして有名な、エビータことエバ・ペロンの墓地の隣の墓地の分譲が始まり、25万ドル(約1925万円)の値で売り出されている。

 地元メディアなどによると、現地はアルゼンチンでも有名な高級霊園「レコレータ墓地」で、隣人が売却に出したのだという。

 同霊園には、歴代大統領も十数人眠っているのだという。現在は、観光の名所でもあり、多くの外国人が訪問している。

 貧しい農村に生まれたエビータは、家出をして女優して活躍し始めた。後のペロン大統領と知り合い交際に発展。ペロン政権が誕生後は政権入りし、貧困層への支出を増やしていった。副大統領就任計画も出たが、がんのために33歳の若さで死去した。

 夫はその後、クーデターで政権を追われて亡命。後に大統領に復活している。

 アルゼンチンでは、現在でもエビータ博物館なるものが、ブエノスアイレスにはある。また、ミュージカル「エビータ」でもその生涯を描かれ、現在でも断続的に上演されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる