航空機内、隣の180キロ乗客のせいで7時間座れず

 航空機内で巨漢の乗客が隣の席に来た場合どうするのか。米国で今年7月に、400ポンドの巨漢男性が座ってきたために、フライト中に7時間も立ちっぱなしだったという乗客の話を、消費者問題に詳しい米国のフリージャーナリストが発表している。

 フリージャーナリスト、クリストファー・エリオット氏によると、被害に遭ったという男性は今年7月にUSエアウェイズ(アンカレジ~フィラデルフィア間)で、航空機内の隣席に400ポンド(約181キロ)の巨漢男性が座ったために、隣の男性が到着まで7時間立ったままだったというのだ。

 男性は先に座席に着席していたが、後から、巨漢男性が来たためにはみ出して押しだされた形になったのだという。客室乗務員にも訴えたのだが、けっきょく満席だったためにどうしようもできずに座ることはできなかったそうだ。当然、離陸、到着の際にもシートベルトは着用していない。通路に立っていたのだという。

 USエアウェイズは男性に謝罪し、200ドルの割引券を渡したという。しかし、男性は航空運賃800ドルの返還を要求したが、それは認められなかったそうだ。

 男性は、太りすぎの乗客が1議席だけの購入で済むことに問題があり、その点を航空会社は見逃している、としている。

 また、クリストファー・エリオット氏もUSエアウェイズに問い合わせたところ、200ドルの割引券が最大の謝罪であって、安全面での危険性は認めなかったという。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる