アイスランド政府が中国富豪の土地購入を禁止

 中国の不動産業を経営する大富豪がアイスランドの国土の0.3%に相当する300平方キロの土地を購入申請していた件で、同政府は26日、法的要件を満たしていないことを理由に許可しないことを決めた。

 AP通信によると、外国人の土地取得制限を意識した決定で、この中国人の購入目的は高級リゾートを建設しようという計画があったとされているものの、軍事目的などを懸念したと見られるようだ。

 購入の申請を行ったのは、「中坤集団」の黄怒波(ホアン・ヌーボー)理事長。黄氏は実は以前は中国共産党に籍を置いていたことがある。高級リゾートを建設する計画としていたが、その土地の近くには、アイスランド最大の深水港もある。

 申請者のバックグラウンドや、地元のそうした立地条件からも、中国海軍の大西洋展開を見据えてのものではないか、とも言われてきた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる