2015年「大阪都構想」はまだ道険し

 大阪W選で橋下、松井両氏が勝ったことによって、「大阪都構想」の実現させるべく、府政、市政運営が始まる。2015年の移行を計画しているが、議会の反対、さらには住民投票による賛成が必要で、まだまだ道は険しい。

 維新の会が発表している、大阪都構想大綱によれば、今後は、大阪府、大阪市、さらには堺市まで加わった協議会が発足し、その後は15年の実現へ向けて突き進んでいく。

 二重行政の解消が最大のメリットで、また、東日本大震災の発生によって、「副首都」としての機能を持つことも新たに注目を集めるようになっている。

 ただし、大阪市、堺市などの大都市はメリットが見えやすいが、周辺の市町村からのメリットは見えにくいなど、時間を掛けて計画を練り上げ、また粘り強く説得していく必要がありそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる