日経平均は大幅反発、オリ、関電売られる

 28日の東京株式市場は大きく反発し、日経平均株価は前週末比109.90円高の8269.91円で寄り付いた。現在は上げ幅を120円以上に拡大している。

 年初来安値を更新する中で、割安感も出ており、主力銘柄などを中心に買い戻す動きが出ている。

 個別では、オリンパスは同70円安の1037円で推移している。また、大阪市で橋下徹市長がが誕生したことで対立激化が予想される関西電力は、同49円安の1152円まで売られている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる