170億円のマンションで大勢が住民税未払い

 1戸あたり最高2億2200万ドル(約172億円)と、世界最高額のマンションである、英国「ワン・ハイド・パーク」62戸のうち居住者はわずか9戸で、地方税を収めていない人が多数いるとして、ウエストミンスター市議会が調査に乗り出したことが28日わかった。

 昨年、竣工し世界最高額と話題になった「ワン・ハイド・パーク」。バブル時に建設が計画されたものでもあり、最高級ペントハウスには2億2200万ドルの値段が付けられるなど、1億ドル以上の物件が中心となっている。

 高級住宅街にあり、ハイドパークを借景にした立地。1階の供用部にはアラビア銀行の支店、マクラーレン、ロレックスのショールームなども入居している。英国よりもアラブ圏の顧客が多くなるという予想で、JVにはカタール首相の出資する建設会社も入っていた。

 英デイリーメールなどによると、このたびの市議会の調査では、オフショア地域であるバージン諸島経由、ガンジー諸島経由などで購入した人が多かったのだという。購入時の印紙税は納税しているが、毎年の地方税は収めていないというのだ。

 最初に購入した一人であるウクライナ一の大富豪、リナ・アクメトフ氏らは居住が確認されているというが、居住実態がわからない人が多いそうだ。

 英国では、地方税(住民税)は家にも課税されることになっている。


ワン・ハイド・パーク

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる