日経平均127円高、オリンパス112円安

 28日の東京株式市場は大幅反発し、日経平均株価は前週末比127.48円高の8287.49円で取引を終えた。

 全面高となったが、特に春先から下げが激しかった、海運セクターがよく買われた。セクター別では値上がり率トップだった。

 個別では、オリンパスは同117円安の990円、大阪市が筆頭株主の関西電力は同69円安の1132円だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる