ペヤング売上2倍で、女子ソフト部も強さ2倍に

 「ペヤングソースやきそば」が売上前年比110%の「まるか食品」(本社・群馬県伊勢崎市)は9日、新設した女子ソフトボール部のトライアウト第二弾を行うことを発表した。

 不景気になれば決まって撤退、規模縮小する実業団スポーツ。しかもソフトボールは次回以降の五輪では正式競技ではなくなる可能性もあり、PR効果も以前ほど望めそうにない。しかし、ペヤングは業績の良さを背景に、太っ腹にさらに人材確保を狙う。

 現在の選手は20人。今回の10年度採用のトライアウトは6月27、28日と、7月11、12日の合計4回、同市内のペヤング総合グラウンドで行う。応募資格は17歳から25歳で正社員として5人を採用予定。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる