ハーバード大に同性愛学の教授職新設

 米ハーバード大学が、同性愛やバイセクシャル、トランスジェンダーなどの研究分野に、2010年より教授職を新たに設置することがわかった。

 教授陣や学生らから成るハーバード大のゲイ・レズビアン会議は、教授職の設置に必要な費用150万ドルを寄付するとしている。

 アメリカでは、ハーバード大よりもイェール大の方がこの分野の研究に積極的に取り組んでいて、1987年には同性愛についての研究センターも設立されていた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる