東電、吉田前所長の病名は「食道がん」と公表

 東京電力は9日、福島第一原発の前所長・吉田昌郎氏(56)の病名が「食道がん」であると公表した。

 吉田氏は9日朝に、福島第一原発の免震棟を訪問し、社員や協力会社社員にあいさつ。 迷惑をかけたことについてお詫び、尽力への感謝、今後の作業への激励をしたという。そして、自身の口から病名を公表した。

 これまで非公表だったが、現場で事故収束にあたる社員たちに不安を与えることや、病院や関係者、家族にも迷惑をかけている、との理由で公表にいたった。

 放射線医学総合医学研究所の調査で、吉田氏は3月11日以降、被ばく線量は約70ミリシーベルト(外部、内部合わせて)、緊急作業者の法令許容被ばく量の範囲内だという。仮に放射線被ばくに、がんの発症に影響したとしても、潜伏期は少なくとも5~10年のため、原因は3月11日以降の被ばくの可能性は極めて低い、としている。

 東電は毎年秋に1度、定期健康診断を行っているが、昨年秋の健診では、食道がんは発見されなかったという。


吉田昌郎氏(東京電力撮影)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる