MFグローバルが顧客資金を関連会社に融資か

 経営破綻した米証券会社MFグローバルの元最高経営責任者(CEO)のジョン・コーザイン氏は14日、米上院農業委員会に出席。行方が不明となっている顧客資金について、CME(シカゴマーカンタイル取引所)のテレンス・ダフィー会長は、欧州の関連会社への融資に使っていたことを証言し、事件は新たな局面を迎えることになった。

 AP通信によると、コーザイン氏は以前は「わたしは誤った使い方を指示したことはない」と否定。しかし、CMEのダフィー会長は、欧州の関連会社に顧客資金を使ったことを証言した。

 MF社は、行方がわからなくなっている顧客の運用資金は約900億円に上っていた。そして、コーザイン氏は前回の同委員会では、資金の行方を知らないということを述べていた。

 MF社は10月31日に連邦破産法の適用を申請したが、ダフィー会長は、その直前の数週間で資金の移動があったのではないかとも述べている。


ジョン・コーザイン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる