「午後の紅茶」発祥の名門ホテルがリニューアル

 1865年に開業しロンドンで最古のグランドホテルと言われている、ランガムホテル・ロンドンが改装され10日、オープンした。午後の紅茶の発祥地として有名。

 ランガムホテル・ロンドンはは140年以上にわたって高級ホテルとして王室や外国の要人たちに利用されてきた由緒あるホテル。ラウンジで貴族たちがアフタヌーンティーを取ったとされている。ビクトリア朝の建物で、オリジナルのインテリアをそのまま残した形で、補修、増築された。ランガムホテルズ・インターナショナルのフラッグシップホテルとなっている。

 この日はオープンに際して、ボリス・ジョンソン・ロンドン市長がテープカット式典に出席し、祝福した。


テープカットするジョンソン市長とベンソン支配人(リンガムホテル)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる