ダル投手年俸大幅UPで妻の離婚取り分は?

 米大リーグ球団から入札があった、日本ハムのダルビッシュ有投手(25)。交渉では年俸は現在の推定5億円から10億円以上になるとも言われている。一方で、プライベートでは夫人とは離婚協議を続けているが、離婚が成立した場合はお互いの取り分はどうなるのか? 離婚に詳しい弁護士は「協議を長引かせるのは、法律的には増額狙い」とした上で「(夫の)年俸が増えても、(妻の)取り分は増えないのでは」との可能性を示した。

年俸UP確実で、待ちの戦術は有効なのか?


ダルビッシュ有投手
 ダルビッシュ有投手(25)がもし、大リーグ球団と契約をするならば、5年総額7500万ドル(約58億円)とも米メディアが報道している。一方で私生活は、妻・紗栄子さん(25)とは別居し離婚協議中の状態でもある。現在の年俸5億円(推定)から倍増するとなると、財産分与、養育費など妻の取り分はどうなるのだろうか?

 ちなみに年収2000万円レベルまでは、最高裁判所が作成した「養育費算定表」で子どもの養育費はシュミレーションできる。ただ、年収10億円超というずば抜けた特殊なレベルの離婚だけに、興味深いものはある。

 昨年から離婚協議が続いており、お互いの落とし所が見えてこないが、長期化する要因を、離婚案件に詳しい弁護士は「離婚協議を長引かせるのは、法律的には増額狙い」と見ている。

 しかし、仮にそれが狙いだとしても、思惑通りになるのかどうかで言えば、そうは言い切れないというのだ。次のような理由からだ。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる